western shop

DMビット

今回は今大注目のビット『DMビット』のご紹介です。新馬はもちろん若い馬の調教用としてお勧めの逸品。 スナッフルビットより効きがよく、カーブビットよりも柔らかなそのあたりは使った人(馬)にしか体験できない良さ あります。まずはDMビットとはどのようなものかご紹介させていただきます。

DM LIFTER THEORY

『馬に何か教える時に最も大切なことは、高得点を取ることと、肩をあげる事です。 ハミは馬とコミュニケーションをとるための道具です。より明確な指示とより快適なハミで、 馬が物事を経験する時の困惑を軽減し、より早く学ばせてあげることができます。 この基本的な概念は、馬に戸惑いを与えることなく、尚且つ馬が口の中を怖がることの無い ハミの開発に役立ちました。そしてよい調教道具としてだけでなく、大会にも使用できるハミを作る きっかけともなりました。』Dennis Markle

DMリフタービットは他のビットと何故違うの?

一般的なビットはライダーが手綱を引くと(ポイント)引いた力はそのままマウスピースにいき、(ポイント)全ての力が馬の口にかかります。チンストラップ(ポイント)によりてこの原理で馬の口にプレッシャーが加わります。この直接的なプレッシャーが肩を下げさせ、馬を地面の方向に向かわせてしまいます。



DMリフターはライダーが手綱を引くと(ポイント)その力は(ポイント)の時点で(ポイント)マウスピースと(ポイント4)チンストラップに平等に分割されます。この新しいてこの原理が馬に明確な指示を与え、地面の方向ではなく上方向に肩をあげさせるシグナルになるのです。



DMターボリフターについて


DMターボリフターはリフターシリーズと似たような作用ですが、本質的な違いがあります。(ポイント)軸の位置です。ライダーが手綱を引くと(ポイント)力が上方向に向かい、(ポイント)を通過し、ローテーションの動きをみせます。マウスピースとチンストラップ間のローテーションにより、同時に力が作用します。チンストラップの位置が高い位置、あごのあたりにあるため、口に直接掛かるマウスピースのプレッシャーを直ぐに防ぐことが出来ます。



DMリフターとDMターボリフターの違いは何?

根本的な違いはDMリフターは口に掛かるプレッシャーを50%軽減するのに対し、DMターボリフターは90%軽減します。DMリフタービットで乗ると、他のビットとあまり変わらないように感じると思いますが、DMターボリフターで乗ると馬の反応がスムーズに軽くなるのが感じられます。

DMビットのご購入はここをクリック

商品に関するお問合せ、ご質問はメールで

戻る

Copyright(C)MMVK-ing.All rights reserved.